読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水無国民労働党のアーギュメント

同人音楽サークル「水無国民労働党」をやってます、Gishiのブログです

『vlossom』を振り返る

今回は去年のM3秋で発表した『vlossom』を振り返ってみたいと思います


全体を通して

前作『vrooom』後もドラムンベース熱が続いてまして
M3に向けて『vrooom』の続編的なアルバムを作るつもりでした
結局曲数は揃いませんでしたが、完成した2曲を
無料配布ミニアルバムという形にしました
素晴らしいジャケットのイラストは前作同様rjngoさんです

1. vlossom

久々にポップな曲ができました
ドラムンベースを基調として、そこに渋谷系のテイストを入れた感じです
仮タイトルは「blossom」でしたが、前作の『vrooom』になぞらえて「vlossom」にしました
歌詞も気に入ってるので載せましょう

ねえ今日は素敵なメロディが
pizzicatoみたいに弾んできたんだ tu tu lu tu
錆び付いたギターtuningして
逢いに行くよ vlossom 1234頼りないけど

ボクら子供のまま
セカイ駆け巡った
ユメをかなえる vlossom
ミライ カラフル vlossom

ねえこんな素敵なドキドキも
すぐに見えなくなってしまうよ tu tu lu tu
冷めかけのコーヒー飲み干して
逢いに行くよ vlossom 1234当てはないけど

ボクの頭の中
虹があふれ出した
ココロ咲かせて vlossom
キミと シンクロ vlossom

ボクら子供のまま
セカイ駆け巡った
ユメをかなえて vlossom
ミライ カラフル vlossom

「自分で歌詞を書くと、どうしても自分の気持ちダイレクトに伝えてしまいがちになる」
と前回の記事に書いたのですが、この曲に関しては一歩引いて表現できたかなと思ってます
歌詞に登場するvlossomは、それが何なのかあえて書きませんでしたが
「人が持っている創造的な一面」という意味を込めています
創造的でいられる時間はとても楽しいものですが、長続きしてくれないのが何とも残念です

とにもかくにも、この曲でポップスの感を取り戻した気がします

2. Strangiato(Part Ⅱ)

5拍子のインスト
過去作『Hand Of Sceiron』に収録した「Strangiato」の続編的な曲です
初期バージョンはもっと落ち着いた感じでした↓

一応Strangiatoシリーズ(?)のコンセプトとして
「ファンタジーRPGにありそうな曲」てのがあります(あんまりRPGってやらないですが…)
タイトルはRushというカナダのプログレバンドの曲「La Villa Strangiato」から
不思議な町という意味があるそうです
Part Ⅲもいつか作りたいですね